2016.05.30 Monday

GOKISO

GOKISO(ゴキソ)っていうハブのメーカー知ってますか?



わずか0.5gの力でホイルを動かすかつてない回転性能。
GOKISOのエンジニアが、材質、構造、形状などハブの可能性をゼロから追求!
回転のスムーズさに極限までこだわり抜いた代物です。





そんなマニアックなエンジニア達と共に、オレはライダーとして何度も何度もテストを繰り返し、
ついにBMXレース専用ハブが完成しました。



ただ軽い回転が売りではなく、耐荷重100kg以上、最高速303km/hにも耐え得る回転性能。

BMXレースは、ロードレースのような2次元の動きではなく3次元の縦の動きも加わります。
プラス、ジャンプでの衝撃もあり体重の何倍ものGが加わります。
強い衝撃を受けるとフレームから軸、ハブの歪みが生じてたわみ、その瞬間ベアリングには強い力が加わるので、
一瞬回転が止まりブレーキをかけたことと同じ状態になります。
そこで、シャフトを太く強くし剛性を5倍に上げ、どんな衝撃でも真直を保ち回転精度を損ない。

そしてベアリングは、超精密深溝ベアリング(NTN製 P5等級)を左右に2つずつ計4つ配置しています。
これにより、耐荷重性を向上させています。



最近は、ノッチ数の多さや遊びのないハブが流行っています。

GOKISOは、4本の爪式で92ノッチのラチェット構造です。
ラチェット機構のパーツは、すべて精密工作機械で製作し、超精密金型に匹敵する加工精度を備えています。
そして10万キロを走行(テスト済み)しても、ラチェット内部のグリスの色が変わる(汚れる)
ことはありません。それは、爪がどんなスピード、距離を走っても摩耗しないという証拠です。
従ってラチェット内部は、メンテナンスフリーで一生保てるってことですね。

そして、
BMXのホイルは、他種目の自転車競技よりもスポークのテンションをガッチリ上げると思います。
ボディシェルの素材は、超々ジュラルミンのA7075T73を使用しているので、どんなにテンションを上げても、
何回組みかえても、スポークを通す穴やフランジが開いて使えなくなることはありません。



なぜGOKISOのハブが他より優れているのか?

それは「衝撃吸収・弾性体サスペンション」を搭載しているからです。

BMXでは、ジャンプしたりプッシュしたり縦の衝撃、そして強い脚力による高トルクなど、
強い外部応力を受けた時に往来のハブ構造では、ハブボディが歪み、ベアリングに過剰な負荷が掛かることで、
回転軸が複雑にたわみ軸受にねじれが生じます。
このとき軸受内部では、歪みによる回転抵抗が発生し、ブレーキがかかった状態となります。

そこで、GOKISOハブは、軸受のまわりに弾性体サスペンション構造を設けています。
さらにハブボディと軸受を0.5mmのすき間を開けて構造的に浮かせることで、衝撃荷重を吸収。
0.5mmのすき間によりハブボディの歪みも直接軸受には届かず、軸受の回転に影響を与えない仕組みになっています。

とまぁ、GOKISOサイトの文面を引用し、難しい文章になってしまいましたが、なんせ良く転がる。

BMXレースでいうと1コーナー時などGがモロにかかっている瞬間こそ性能の違いを発揮します。
プッシュ入れた時、今までは微妙にブレーキがかかってたんや!ってこのハブを使って初めて分かりました。

ライバルに差をつけたい!そんな時の良いアイテムになること間違いなしです!

価格は、ハブ前後セットで ¥220000- ¥22万です!
BMXシーンからすれば、なかなか破格な値段ですが、値段以上の性能と快適な走りが手に入ります!

GOKISOのサイトには、ここで書ききれなかったウンチクがまだまだ色々あります。
サイト内には、まだBMX用のラインナップは載っていませんが、
>動画で見る 」は、ハブに対する情熱が伝わるし面白いのでマストチェックですよー!

 

2015.06.16 Tuesday

GT Speed Series CARBON

老舗BMXブランドの「GT bicycle」

今シーズンからGTライダーとして活動します!

ことの発端は、中学生の頃から乗らせていただいてきたフレームメーカーとも、温度差が出てきて、

なかなか良い方向に進まなかった。。何年も待ち続けたけど、モチベーションもフレームももう限界。。。

そこで、何か良いフレームないかな〜とインターネットで調べてて、目に留まったのが最新のGT!

「かっちょええ」

久しぶりに心が揺らいだ。ネットでポチッと買おうか。。

と思ってた時に、Systematic BMX三瓶マサと話す機会があり、

ス「今年のGTかっこええよな〜。」と、なにげに話ししてるウチに、

マ「オレGTの人知ってるし、話ししてみようか?」

ス「マジで?」

と、とんとん拍子に話しが進み、担当者との接点が出来た。

マサ、あの時に声かけてくれて、ありがとーなーー!

とはいえ、オレはもうエリートライダーではなく、マスターズクラスで走ってる身やし。。

エリートやったら「世界チャンプ目指します!」「オリンピック出場を目指してます!」みたいな、

漠然とした目標でも情熱を伝えることで、通用するところもあると思うけど、

マスターズのオレが、ライダーとしてGTになんの恩返しが出来るのか?そこが一番引っかかってた。。

でも今のオレには、日本サイクルスポーツセンターのBMXトラックという大きな母体がある。

ここを有効に使い、なにか展開出来ればエリートにも劣らない何かを発信できるか?!

僕の熱意をくんで頂き、ライトウェイプロダクツジャパンと契約する運びとなりました。

5月5日、GTライダーとしての第1戦目、今シーズンの開幕戦を勝利で飾りました。

でも、この時はまだ新しいフレームではなく、2014年モデルで走りました。

そしてついに!!

GT Speed Series CARBON


gt1.jpg
 

6月中旬、ネットで一目惚れしたフレームが手元に到着!!!

一日でも早く!と頑張ってくれたライトウェイに感謝です。

ありがとうございます!

フルカーボンのフレーム&フォーク。オレも時代の最先端の波にのりました。(笑)

わくわくしながら、箱から出した瞬間!

え〜っ?!軽〜!ほんでかっちょええ〜!!

仕事中にもかかわらず、興奮してすぐに組上げた。


gt2.jpg
 

写真の撮り方が悪かったんですが、ロゴがキランと七色に光ってます。

リアホイルの止め方など、時代の最先端を目指すGTは、さすが!って感じです。

初めて乗った感じは、ずっしりとした乗り心地で安定感がある。

けっして重たいわけじゃなく、クイックに動かす事も出来るしクセのない乗り味。

コーナーの張りつき感や、ジャンプの抜け方、プッシュ時の反発など、申し分無し!

ダイレクトにパワーが伝わり、グングングイグイ走ってくれる感じです。

そして、リアハブのラチェット音が、カーボンを伝い反響音が今までと少し違うのが新鮮です。

まだまだ乗り馴れてないけど、乗りこなせれば間違いない相棒になりそうです。

秋頃には、日本でも販売する予定ですよー。

2015.06.01 Monday

OAKLEY

スノーボードの國母和宏くんや、ゴルフの宮里藍さんなどが、いつもかけている一流サングラスメーカー、

OAKLEY(オークリー)

僕は、18才の頃からずーーっとライダーとしてサポートし続けて頂いてます。

いつも↓こんな感じで、サングラスはもちろん新作の商品を、どかん!と届けてくれます。


o6.jpg
 

毎度、毎度、でっかい段ボール箱で届くたび、心が踊ります♪

いつもありがとうございます!!

そして今回は、最新のサングラスをご紹介します。

CATALYST(カタリスト)


o1.jpg
 

フレームカラーは、セピア。レンズカラーは、ダークグレーのモデルです。

ヴィンテージルックなフレームに大きめのレンズでシャレてるね〜。

アンオブタニウム製のイヤーソックを使用しているので、ハードな動きでもズレることなく、

常に快適なフィット感をキープしてくれ、かけている感覚がないほど軽いです。

そしてBMXレースで使用しているゴーグルの新作をご紹介します。


o4.jpg
 

MAYHEM PRO(メイヘム プロ) ↑上段の黒×赤が入荷したての最新カラーです。

メイヘムは、視界が広くて使いやすく、一番のお気に入りです。

レース時は、いつもクリア、グレー、ミラー、と違うレンズをセッティングしたゴーグルを持参して、

その場、その時のコンディションに最適なカラーを選び使用しています。

たとえば、ちょー晴れの日、裸眼では太陽光が眩しいですよね?

そんな時は、ミラーレンズか、グレーレンズを使用します。


o5.jpg
 

少し分かりにくいかもしれませんが、ミラーレンズの見え方はこんな感じです。

レンズを変える事によって、路面がくっきり見えるようになったり、コースによって土の色も違うので、

いつもレース前に現場で装着し、最適に見えるものを選んでいます。

そして、レースは雨の時もあります。そんな時に増える心配事は、目に泥が入ることです。

レース中に泥や雨が目に入り片目で走りきった。という経験があるライダーも少なくないはずです。

そんな時は、クリアレンズを使用して視界の明るさを確保します。

レンズで眼球を保護してくれるので細目にして走る事もなくなり、心配事が減ってレースに集中できます。

・・とここで、この記事を書いている時、ふと思い出したものがありました。


o2.jpg
 

↑これ、なにか分かりますか〜? 見たことありますか〜?

これは、僕が18才の頃、アメリカのオークリー本社へ遊びに行ったときに開発していたサングラスです。

デザイナールームに案内してくれ、アクリルの透明の箱の中にレーザー光線が走り、物体が出来ていく・・?

今でいう3Dプリンターのようなものですかね。

時間が経つにつれ、どんどん形になって出来上がったらそのまま取り出し、かけてみる。。

その当時、なんじゃこの会社?!と思ったのを今でも鮮明に覚えています。

これは、OVER THE TOP(オーバーザトップ)というサングラスです。


o3.jpg
 

その当時、デザイナーの方が「これは2050年に発売するサングラスだよ」と教えてくれました。

でも実際は、すぐに発売したものの斬新な形すぎて消費者の食い付きが甘く、あまり売れなかった?

「やっぱり発売する時代が早すぎたんだ。」

「2050年には、みんなスキンヘッドだから流行るんだ」などなど、僕には「…???」理解不能!!

その他、レンズにミラーを吹き付ける方法や、工場の内部まで見る事が出来て楽しい経験でした。

そんな最先端を突っ走るオークリーのライダーで居られる事を誇りに、今まで頑張ってきました。

そして、なによりカッコよく、温かい社員の方が多いオークリー。

前に、ふら〜っと東京の原宿を散歩していて、オークリーストアに立ち寄った時、これまた偶然。。。


o7.jpg
 

イケイケ若僧の時、僕のライダー担当をしてくれていた、シゲルさん(通称)にばったり会いました。

今では、オークリージャパンの裏ボス w 的存在で一流トップ選手のケアから、目医者レベルの知識まで、

すべてをこなす凄腕の方です。

ス「うわ!シゲルさんや!!」

シ「おぉ〜スースーじゃん!ちょっと待ってて!」と自分の仕事をほどほどに時間を作ってくれました。

エリートライダーで旬だからサポートする。そんな会社とライダー(商品)だけの関係では無く、

いつもファミリーのように受け入れてくれるオークリーの存在が、自分を成長させてくれました。

マスターズクラスで走ってようが、いつもと変わらず100%サポートしてくれるオークリーに感謝です。

Much love & Respect.

いつもありがと〜♪

今、当たり前に見えている眼球を大切にケアしましょう。

日焼けや美白を気にする女性の方は特に!目に受ける紫外線は、シミ、シワの元ですよ!!

そして、色々なサングラスメーカーが存在しますが、どうせ守るなら、

目のための最先端技術が詰まったオークリーを選ぶ事が自分のために間違いない選択でっせ〜!

2014.04.26 Saturday

CREDIT BMX JERSEY 2014

季節も春になり、いよいよ2014シーズンインが近づいてきました!

JBMXFの開幕戦は、5月4日に大阪、岸和田で開催されます。

今期からマスターズクラスで参戦するので、今までとはまた違ったワクワク感があります。

初戦はええ結果を残したいな〜〜!!

マスターズルーキーやし遠慮なしでいくぞ!w

開幕戦に合わせて、レースへのモチベーションがさらに上がるニュージャージが出来ました!

CREDIT BMX JERSEY 2014 「 SSM MODEL 」

credit-2014.jpg

いいね〜!ちょ〜カッコいいね〜〜 (^^)
 

カリフォルニアのMXジャージメーカーと何度も連絡を取り合い、完成したこの一着。

先シーズンよりもCREDITロゴがデッカくなってイカツなった!

肝心の着心地も良く、ドライメッシュ生地で軽くて動きやすい。
315♪
なによりこのデザインと鮮やかな色使いが気に入った!

今シーズンは、このジャージ着てブイブイいわしたろか!!
 

Team CREDIT Racingは、今年もJBMXF(全日本BMX連盟)の全レース転戦をメインに

色々なBMXシーンで発信、活動していきます!

レース会場でお会いする皆さま、色々なシーンでお会いする皆さま、

今シーズンもヨロシクお願いします!

Much love & Respect

Team CREDIT Racing 佐伯"SSM" 進 

2013.01.09 Wednesday

2013

寒中お見舞い申し上げます

2013年も始まりました!


ake1.jpg

今年もエリートクラスで踏ん張ろうと心にきめたSSMでございます

本年もどーぞ宜しくお願い致します!



1月2日 埼玉県、

CREDIT 315 PARKへさっそく初乗りに行ってきました

UBUさんのイベント「トレイル詣」に参加♪


ake3.jpg

この日の早朝、

出発する時の伊豆は、どんより曇り空の強風やったけど

トレイルは、無風のピーカン!315やん♪

しかも暖かくて、ロンTでいける陽気でした


ake4.jpg

後ろくっ付いて走ってるクソガキのヒカルが・・

h「ね〜ね〜スースートレインしよ〜」

s「ええよ〜ほんじゃヒカルが前な!」

h「え〜〜スースーが前行ってよ〜〜」

s「まぁええけど、次はヒカルが前やで!」

h「次はキャニオンライン!スースーが前ね!」

・・・・ずっとオレ前やん!!

h「も1回行こ♪」

・・・


と永遠続きました・・w


けど久しぶりに面白かった!

オレも小っちゃい頃は、お兄ちゃんライダーに

引っ張ってもらったな〜。。とか

アメリカのトレイルを攻めてたイケイケの頃を思い出したり。。


しかも

トレイルは、ジャンプのイメージが大切でスピードコントロールもシビアなので

前を走ってもらえるとスピードやイメージがしやすくて飛びやすい

今回ヒカルには、ちょーどええカモにされたな w


ake2.jpg

↑SSM × ヨースケ↑

50parkに、FMXのダイスが作ったランプも置いてて、むっちゃ飛べる!!

ミニFMXの気分を味わえたし、315鎌倉支部のケンは

新年早々、アクセル全開の開けっ放しでランプに入って

特大やっちゃったスーパーマン!!を魅せてくれたり

みんなで乗ってむっちゃ楽しかった!w


ake6.jpg

ヒップラインでパンケーキ!

空がキレイ!


そして、その右横に見えるウォール・・


ake5.jpg

アタックしまくって何本かメイクできたけど

最後は、このウォールにやられてクラッシュ!!


初乗りにして初ゴケもメイクしました w


お陰で右手親指の付け根を打撲?かな?なんせ痛いです。。w

ただいまグリップ握れまへん。。


ake7.jpg

夕方まで乗って体クタクタの手パンパンなって終了。。


315でした


トレイルクルーの皆様!いつもありがとー!!!

UBUさん、キレイな写真ありがとー!本年もよろしくです!!


この日、集まったみんなの写真は↓こちらをクリック

2013新年初トレイル詣1月2日CREDIT315PARKの風景VOL1

2013新年初トレイル詣1月2日CREDIT315PARKの風景VOL2


今年は、こんなお正月でした


今シーズンも伊豆で、全日本選手権やUCI国際レースを開催します

ライダーとしては、もちろんですが、コースビルダーとしても頑張ります

楽しんでナンボのBMX!

今年も楽しんだモン勝ちですよーー!


本年も宜しくお願い致します


- CREDIT Racing - SSM 315 -



2012.02.19 Sunday

New WHEEL!!

新しいホイルが完成〜!!

nw3.jpg

プロファイルのエリートハブに・・ 
サンのエンビーリムに・・ 
金スポーク&黒ニップル! 


↓front wheel
nw1.jpg


↓rear wheel
 nw2.jpg

ん〜気に入った〜♪ 

Special thanks!!

2011.10.13 Thursday

スカルフェスタ 2011

10月1日の朝8時、伊豆から富士山見ながら箱根→湘南→鎌倉を抜けて海沿いをドライブ♪ 
秋晴れの爽やかな海風とメローなReggaeミュージックで315に気持ちよかったー 

そして2時間後、横須賀うみかぜ公園に到着!

 パークは早くもスケーター、インライン、BMXライダーが大勢集まってた 
レース以外のBMXイベントに参加するの何年ぶりやろ?! 
一気にテンションも上がり、ダートレーンに向かった時・・・ 

「ススム!!」 

と聞き覚えのある声で呼ばれて、は?誰や??と思ったら、まさかの遠田聡!!! 
(遠田君は僕より一世代前のトップレーサーで、僕が10代の頃は何度も一緒にアメリカに行ってました) 

s「おぉーーーめっちゃ久しぶり(10数年ぶり)やなーー!元気してたん?!」 
e「いや〜ススムに会えたのが今日の一番のトピックだよ〜」 

と朝10時の時点でビール片手に酔っぱらった遠田に会った (笑) 

レース界からはイロイロあって身を引いたけど、相変わらずBMXに乗ってて 
相変わらずアメリカにトレイルライドにも行ってると聞いてなんか嬉しかった 
この再会だけで、今日は来て良かったなぁ〜と思った
 

ダートレーンは、キャニオンじゃなくて間が埋まってたので初心者でも楽しめる設計やった 
けど、フロントサイドもバックサイドもピンピンに立ってて面白い! 

久しぶりのトレイルで始めは上手く飛べやんかったけど、だんだん面に慣れてきた 

終日ゆる〜い感じで、パンプトラックでタイムアタックがあったりJAMセッションしたり 
夕方まで乗りたおした 

 んで、パークの一角でバニーホップ大会が始まった

   

BMXのストリート、フラット、レーサー達が一緒にセッション 
レーサーからは吉井コーヘーもエントリー! 

オレは85cmをクリアして90cmで失敗。。 
コーヘーは80cm飛んで85cmで失敗した 
ふぅ〜コーヘーに負けるところやったぜぃ。。危ない危ない (笑) 

真剣にバニーホップしすぎてマジ腰が痛くなった (笑) けど、おもろかったなーー 
優勝したのはストリートのライダーで1mをクリアしてた 

スケートもバンク to バンクでどれだけ遠くへ飛べるか大会やってて
最後は4m50cm?やったかな?なんせクォーターからドロップして鬼プッシュ!


オレもこんなキレたオーリーしてみたいなぁ〜
やばいカッコ良かった!

いや〜10数年ぶりのうみかぜ公園やったけど、めっさ楽しかったー! 
誘ってくれたゴウちゃんありがとーー 

久しぶりにフラットの岡村アキラ、田中コータロー君、 
Ipathのマッツ、神様、ほか色んなライダーに再会出来てほんまに行って良かった 


そしてこの記事にも使わせてもらった綺麗な写真は、Kasukabe Vision Filmz!! 
Odaさん、いつもありがとーーー 

そして日が暮れて・・・ そのまま東京を抜けて埼玉県、秩父市へ移動。。 

明日(2日)開催される秩父市長杯に続く・・

2011.07.12 Tuesday

CSC BMX 愛好会

僕が管理&先生役をしている伊豆市、修善寺にあるサイクルスポーツセンターのBMXトラック



ここで毎月3回、BMX愛好会を開催しています

7月3日 
いつもカッコイイ瞬間をキレイに撮ってくれるフォトグラファーUBUさんが遊びに来てくれました
その様子をUBULOGにアップしてくれているので紹介します!
UBUさんありがとーー

7月3日 修善寺CSC BMX愛好会の風景VOL1

7月3日 修善寺CSC BMX愛好会の風景VOL2


CSCでBMX愛好会を始めて1年ちょっとが経ち・・
ここで初めてBMXを知った地元のキッズや
スタートゲート練習に本気のライダー
笑いながらジャンプしている悪ガキッズまで
色んなライダーが集まるようになったな〜と改めて思いました

いつも来てくれるライダーにマジでリスペクト!みんなありがとーー

これからも自由で楽しいBMX愛好会を続けていくし、みんな遊びに来てやー


2011.06.19 Sunday

2011 New BIKE



ニューバイクが完成しましたーー

フレームカラーは「ゴールドパールホワイト」
太陽が当たると真珠のような輝きでちょーキレイ♪



今回のテーマは白とメッキ

ピカールで磨き上げたスプロケとメッキクランク
そしてFLVのButterflyペダルでピカピカ仕様!!
どことなく古き良きBMXって感じ?

今回のフレームはリアエンドにもラグが入ってシャレオツ度アップです



この先ハンドルバーもメッキに変えるし、新しいホイルも検討中。。
だんだんカスタムしていくのって楽しいね〜

今年でBMX始めて25年目。。
何年経っても新車の喜びって変わらへんわぁ〜

フレーム・TOYO ”SSMスペシャル”
フォーク・TOYO
ハンドルバー・CREDIT V-Bar
ステム・Profile Acoustic stem
ヘッドセット・Chris KING
クランク・Profile 175mm
スプロケ・Profile インペリアル 44t
チェーン・イズミ
ペダル・FLV Butterfly PEDAL (CP)
シート・FLV 稲妻サドル (ベロア生地)
シートポスト・THOMSON
リム・CRUPI RHYTHM
ハブ・Profile Mini

Special Thanks!!
メカニック・一条アルチメイトファクトリー
2011.05.05 Thursday

Bicycle magazine Vol.24



Bicycle magazine Vol.24に
3月27日に開催した「Prayers Ride」の記事が載りました!



この記事を書いてくれたMOTO君が
この日撮ってくれたベストショット!!



パイロンノーズタップ!
ピシャった〜

MOTO君ありがとー


Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SSM
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.