2015.09.02 Wednesday

2015 JBMXF シリーズ第3戦、上越大会

821日、

今回は、気合い入れて乗り込もう!と思ってレースの2日前に上越へ移動。。

お昼に到着したものの、雨でコースクローズ。。

しょうがないので、予定より早く妙高高原に予約した宿でゆっくり。

温泉入って、明日の公式練習の為に体を休めた。

8月22日、

朝起きると、どんより曇り空。

天気予報は、曇時々雨。

微妙〜な天候の中コースへ向かうと、あれ?みんな駐車場でゆっくりしてる?

パラパラ雨も降り出して、公式練習も中止に。。

全くもって2日前から来たのが空振りになった (笑)

お昼まで駐車場でダラダラと過ごしたけど、体も鈍ってるしちょっとでも乗りたいな〜。。

ダメモトで近くにある春日野トレイルへ行ってみたら・・ここ乗れるやん!

ちょうど良い湿り気が残るトレイルで軽くライド

春日野ローカルの皆さま、

勝手にお邪魔しました〜!毎年進化してて楽しかったです!!ありがとうございました。

軽く汗かいて終了。

明日の本番に備えた。

823日、レース当日。


j7.jpg
 

CREDIT Racing & Familyで恒例の記念写真♪

いつもありがとうございまーーす!

朝から公式練習が始まった。

コースは全面防水シートで覆われていたので、思ってたほどコンディション悪くない!!

ローカルディガーさん達の頑張りで、時間が経つにつれどんどん良い感じに回復してきた!

今回のマスターズクラスは、エントリー人数が少なく、8名。

8名以下の場合は、予選3本の結果を合計して順位を決めるルールなので、

ある意味、3本とも決勝のようなもん。ワンミスで優勝は遠のくって事。

優勝を目指し、レーススタート。


j1.jpg
 

予選1本目は、アウト側からスタート!

悪くないスタートやったけど、1コーナー手前で前に出れず並ばれる展開!

イン側からホールショットを奪われたけど、すかさずラインを変えてハイロー!

(ハイローとは、アウトからインに切れ込む技の名前)

気持ちよく決まり、コーナー出口でパスしてトップにたち、そのまま逃げ切り1位でゴール。。


j2.jpg
 

予選2本目、イン側からスタート。

スタートも良く上手く加速して飛び出せた!

ホールショットを奪って、逃げ切った。


j3.jpg
 

1本目1位、2本目も1位とゴールし、残り1本。

優勝に王手をかけた有利な展開にもっていけた。


j4.jpg
 

3本目は、2位でゴールしても優勝できたけど、そこはやっぱり真剣に走った。

スタートから出れてホールショットを奪い逃げ切れた!!


j5.jpg
 

結果、3本とも1位でゴール出来て優勝する事が出来ました。

現地で応援してくれた皆さま、CREDIT Racingを始め、GT BicycleOAKLEYMAVIC

そしてレース進行にご尽力下さったスタッフの皆さま、

いつも、ありがとうございます!!声援がパワーになり良い結果を残す事ができました!


j6.jpg
 

カーボンフレームに変わり2ヶ月。

今までとは、まったく違う乗り味やけど、やっと乗りこなせるようになった気がした。

チャリが前にグングン走ってくれるような感覚で乗れたし良い相棒になった。

そして、この記事にも使わせて頂いた写真は、お馴染みUBUさん!

いつも315な瞬間をありがとうございます。

この日のレース展開は、UBUlogにいっぱいUPされています。

是非、ご覧ください!

次戦は、Jシリーズ第4戦、広島大会です。

2015.07.09 Thursday

第32回 全日本BMX選手権大会

75

茨城県、ひたち海浜公園で全日本BMX選手権大会が開催されました。

梅雨時期の開催で、天候が微妙やろな〜と思ってた予感が的中。。

それでも、雨水がコースに溜まるとブラシで掃き出し、水路をスコップで作り、コース上の水を流す。。

スタッフ一丸となって連日の雨でも甚大な整備のおかげで、コース状況はそこまで悪くなかった。

けど路面状況とタイヤ痕をみて急遽、リアタイヤをブロックパターンに変更してレースに臨んだ。

予選は、転けない!を大前提で決勝1本のために体力温存しながら走りきった。

予選を2位で通過。

そして決勝。。


h1.jpg
 

スタートは、スリップする事を避けリアタイヤに意識をおいてトルクをかけた。

滑る事はなかったけど、ホールショットは取れず、2位で1コーナーを通過!

ストレートで巻き返すつもりが、なかなか上手くスピードに乗らん!!

抜かされる事も抜かす事もなく、そのまま追いつかず2位でゴール。。

結果、マスターズクラス 2位でした。


h2.jpg
 

全日本2連覇を目標に掲げ頑張ったけど、マディコンディションは、やっぱり不得意でした。

雨ってだけで、どうしてもテンションが上がらない悪いクセが出てしまった。。

そしてTeam CREDITメンバーも、苦戦!!!

まずは、13-14歳クラスの増田ユーイチ。

決勝でホールショットを奪い、このまま逃げ切るか?!と思った瞬間・・!!

3コーナーでインから差され、そのまま抜き返せず、2位でゴール。。


h3.jpg
 

そして、メインイベント、エリートクラスの吉村ジュキア。

スタート前から気合いムンムン!!ヤル気と勝ちたい気持ちが満ちあふれてた。が・・。

ホールショットを奪えず2位でレースが流れ、そのまま2位でゴール。


h4.jpg
 

優勝は、長迫ヨシタクが前人未到のエリートクラス5連覇を達成!!

彼はスイスに拠点を置き、世界トップレベルの中で頑張っているライダー。

小学生の頃から知ってるけど、昔からホールショットを取ってリードするようなタイプじゃなかった。

でも、その後ろから追うレース展開の経験が今は武器となり、コーナリングのスキルにも現れている。

誰しもが持ってる訳じゃない天才的なセンスを開花させ、スキルとパワーをつけてきた。

日本人でこんなに世界で通用できるライダーが、出てくるとは・・。

ってほどのスタイリッシュなライディングは、見てて惚れ惚れするな。

とまぁ、Team CREDIT Racingは、2位だらけの全日本選手権大会でした。

応援してくれた皆さま、スポンサー各位、スタッフの皆さま、ありがとうございました!


h5.jpg
 

全日本選手権のレース展開は、お馴染みUBUさんのブログでごゆっくりご覧ください。

ボーイズ13-14歳クラス決勝

マスターズクラス決勝

男子エリートクラス決勝

UBUさん、いつもありがとうございます!!

2015.05.25 Monday

MAVIC CROSSMAX

黄色に黒いロゴがトレードマークの高級自転車ホイールメーカー、MAVIC(マビック)

ホイールだけに留まらず、バイクライフの様々な商品を展開しています。

昨年から僕もサポートして頂いております。

そこで今回は、SPDシューズとペダルをご紹介!

まずは、2015年の新商品「 クロスマックス シューズ 」


m3.jpg
 

僕個人的な意見ですが、昔から心ひかれるSPDシューズが無い。。

デザインがレーシーな上に、固いソールとアッパーが好きじゃない。。

さらにデザインもカラーリングもなんでやねん!なイマイチの物が多い。。

そこで!

僕がチョイスしているクロスマックスは、オールマウンテン用でソールが多少シナり、

ミドルカットなので踝(くるぶし)まで保護してくれ、安心感と安定感があります。

でも踝から上の部分は、ウェットスーツのような柔らかい生地なので柔軟に動き、

足首ごと締め付けられる感覚がないので、ローカットのような履き心地です。

そして、

ペダルもMAVIC、クロスマックスXLを使用しています。


m2.jpg
 

TIME社の製品とほぼ同じシステムですが、カーボンボディなので軽い!!

BMXレース時に限っては、リリース力の調整が出来ないので少し弱いかな?と感じますが、

変に力まずまっすぐ漕げば、どれだけ引っ張っても絶対に外れることは無いし問題ないです。

しかも、

クリートの可動範囲が大きいので、少しバランスを崩しても下手に外れません。

ペダルを外した瞬間にレース終了。。みたいな今のBMXレースには、有利ですね。

そして、ここ最近から使い始めたグローブ!


m1.jpg
 

「 クロスマックス グローブ 」

サポートして頂いてるからとかじゃなく、久しぶりに良いグローブに巡り会いました。

生地が薄くてフィット感も良いし、甲側は伸縮性が高いので、ずっと装着していても苦になりません。

指先にはシリコンが付いていて、ブレーキレバーが滑らないので微妙なコントロールもGOOD!

スマートフォンの電話に出るぐらいの作業なら動きました!(←この時代、意外と重要かも?)

そして、クラッシュ時に手をついてしまった時も、安心のパッド入り!

ベルクロも付いているので、しっかり手首までガードしてくれます。

ロード、MTBのホイールを筆頭に、MAVIC商品は、どれもクオリティが高くオススメです!!

詳しくは、MAVICホームページをご覧ください。
 

2015.05.14 Thursday

2015 JBMXF シリーズ開幕戦

2015 JBMXF シリーズ第1戦  大阪、岸和田大会に参戦しました。


j5.jpg

5月4日

天候は、いつでも雨が降ってきそうなどんよりとした曇り空。。

前夜から明け方にかけて雨が降り、コースコンディションは、適度に湿り気があり良い感じ。


マスターズクラスは、7名の参加でした。

参加人数が8名以下の場合は、予選3本の合計ポイントで勝敗を決めるので、

ある意味、優勝を狙うならワンミスが命取りの3本決勝みたいなもん。


公式練習を軽く済ませ、レースに集中・・。のはずが、集中力なし?。。

いつもは、色んなレース展開を考え、ネガティブになるほど自分をストイックに追い込むけど、

今回は、ネガティブどころか「まっ、なるようになるやろ〜。出て(スタート)から考えよう〜。」

と、ものすごいお気楽なポジティブ思考やった。


予選1本目。

スタートは悪くなかったけど、アップ不足で最高速に乗らずアウト側2位で1コーナーに進入!

すかさずハイローをかまし、1コーナーあけでトップにたつも、第2ストレートで抜かされ。。

足パンパンなって、そのまま2位でゴール。

オレ、ハイローマスターか?って思うほど、気持ちよく決まったので、2位でも良しとしよう。


予選2本目。

スタートはいい感じやったけど、先攻され2位で1コーナーを通過。

クセのある第2ストレートを上手くコナし、ビッグステップアップをジャンプできたことで、

2コーナー手前でグッとトップとの差が縮まった!

そのまんま付いていく展開で、このまま2位でゴールしたら、もう優勝の可能性は無い。。

それは、さすがに面白くないやろ!と最終コーナーをクイックに立ち上がり加速!

ゴール寸前でパスし、なんとか1位でゴール。。


これで優勝争いは、最終ヒートに持ちこんだ。


予選3本目。

スタート前、1本目よりも2本目よりも体の調子が良いのを感じた。

スムーズに走ってクセのある第2ストレートを攻略する!

コールが鳴り神経を研ぎ澄まし集中。。スタートもいい感じに決まって視界に誰もおらん!

ここで鬼こぎ全開〜!と思ったけど、

イン側でトップやし抜かされないように相手の動きを横目で見ながら漕ぎ、体力温存。

1コーナーをホールショットで通過し、トップで魔の第2ストレート。。


j1.jpg

今日一番のコナしで、ビッグステップアップも上手く跳べた!

第2コーナーでチラっと後ろを確認。後続は誰も跳べず失速。。単独で引き離し成功!

あとは転倒することだけ気をつけ、無難に走りきって1位でゴール。


結果、マスターズクラス優勝。


3本目のレース展開は、いつもお世話になっているUbuさんのブログをご覧ください!


2015 JBMXFシリーズ第1戦 大阪/岸和田 大会 vol2:マスターズ決勝 動画あり


Ubuさん、いつもありがとうございます!


j2.jpg

そして、観客席から聞こえる盛大な応援と歓声に感謝です。

ありがとうございます!

「最近のマスターズは、見ててほんと面白い!」

と絶賛の声をよく聞くのは、ライダーとしてすごく嬉しいこと。

僕は決まって「ありがと〜!エリートの前座としては大役果たしたでしょ〜!」

と話してますが。。

走ってる方はマジでガチ!w

ガチはガチやけど、マスターズクラスにはそれぞれ明日があるオヤジライダーが多いので、

「怪我をしない」が大前提の中、ガチで走ってます。w

本気でレースしてるけど、アドレナリンまかせの無謀なアタックや

抜かし方をするわけでもなく、自分の今のベストな走りでレースしてるので

会場のみんなに楽しんで観戦してもらえてるのかな?と感じました。


そして、我らTeam CREDIT Racingは、開幕戦から好発進!!! 

まずは、Boys13-14才クラスの増田ユーイチ。

このクラスは体も大きくなってきて、スキルも上がってきたライダーが多い激戦区。


j3.jpg

岸和田ローカルでもあるユーイチは、持ち前のスタイリッシュな走りでカッチョ良かった。

決勝では、オレと同じくビッグステップアップをトップで唯一跳びきって優勝!


そして、最高峰エリートクラスを制した吉村ジュキア。


j4.jpg

決勝は、エリートルーキーにホールショットを奪われ、すこし焦った感のある展開もあったが、

レースは最終コーナーまで接戦!!

2人とも完全にオーバースピードで進入した小さすぎる最終コーナーで接触!!

ルーキーはクラッシュ!アウト側から攻めたジュキアが持ちこたえゴール。

地元開催で、ここのコースを管理しているジュキアは、レースを楽しむというより、

負けられないという気持ちが先攻し、スタート前はプレッシャーに押しつぶされそうになってた。

ここまで自分を追い込み、自分とレースに勝ったジュキアは、かっこ良かったし印象深かった。


Team CREDIT Racingは、3人とも優勝することが出来ました。

応援してくれた皆さま、レース後笑顔で『おめでとう』を言ってくださった皆さま

ありがとうございました。


j6.jpg

次戦は、7月に茨城県で全日本選手権に参戦します!


2014.12.17 Wednesday

2014伊豆BMX国際 / JBMXFシリーズ最終戦

自分が管理するBMXコースで、ビッグレースが開催された。

大会名・2014伊豆BMX国際(UCI)  / JBMXFシリーズ最終戦

日時・11月16日

場所・静岡県伊豆市、日本サイクルスポーツセンター

天候・晴れ!!!(嬉)

最終戦のマスターズクラスは、10名のエントリー。

レースは、予選3本と決勝1本。

予選は、決勝の為に体力を極力使わず無難に走りきって1位通過。。

決勝前、体もチャリも調子良いし誰よりもコースはすべて見切ってる・・。

なにも心配することなく楽しめば良いのに、プレッシャーか?プライドか?

何故かいつも以上に緊張して緊張してほんまに倒れそうやった。

それでも、やるしかない。

今日は勝ちたい。いや、オレが勝つ!

こんな感じで自分をコントロールする事が、精一杯の精神状態やった。

決勝のグリッドは、真ん中の4コースを選択。

スタートのコールが鳴り、全神経を集中させた。


c1.jpg
 

スタートを攻めずに勝ちは無い!

変に力んでペダルを外すことだけ注意して、どんぴしゃのタイミングでスタートをきれた。


c2.jpg
 

よし!視界に誰も見えへん!!スタートから前に出れた!!

もうこの瞬間に、ネガティブ思考の心配事がすべて吹き飛んだ。


c3.jpg
 

1コーナー手前。

理想のシナリオ通りで、ホールショットを奪った。
あとは、このままカッコよく走りきる!


c9.jpg

c4.jpg
 

第2ストレートは、1個目、2個目を全跳びでクリア。


c5.jpg

c6.jpg
 

第3ストレートも無難にコナし、トップを守ったまま3コーナーを通過。
 

c7.jpg
 

ここから作戦A!!

トップでここまでこれたら、あとは漕ぎまくって後続を引き離す作戦!!

この為に予選で体力を使いたくなかった。(笑)


c10.jpg
 

最終コーナーをトップで立ち上がり、最終ストレート!


c11.jpg
 

この瞬間は、もう体力も残ってないし気力のみ。転倒することだけを注意して走った。

そのまま後続に追いつかれることなく、1位でゴール。


c8.jpg
 

JBMXFシリーズ最終戦、優勝!

こんなにもプレッシャーを感じたレースは、久しぶりやった。

でも、この緊張感こそレースの醍醐味やね。

そして後日、

年間ランキングも発表され、マスターズクラスでチャンピオンをとることが出来ました。

チビッコからオッサンライダーまでの総合ランキングは、3位。(エリートクラスは除く)

来シーズンのゼッケンは123番から3番に昇格!

これも声を出して応援してくれる皆さま、スポンサー様のお陰です。

いつもありがとうございます。

コース管理人として、

今回は天候にも恵まれ、大きな怪我人もなく、良いレースもいっぱい観れたし、

大成功やったんちゃうかな?と感じたし、やりきった感と達成感が半端ないです。

そして、なによりもこの記事にも使わせて頂いた315な写真!!

AkabaneVisionFILMWebのUBUさん、いつもありがと〜♪

AkabaneVisionには、予選から決勝はもちろん、UBUさん目線のコース外の風景まで。。

当日の様子や、ライダーのスキル、スタイルまで分かる写真をいっっぱいUPしてくれています!

とくに「VOL 9:コース外の風景」を見ていただきたい!

UBUさんの辛口コメントも面白いですが、BMXレーサーのカッコ良さが伝わると思います。


c12.jpg
 

own style..

2014.10.10 Friday

JBMXF 2014 Jシリーズ第5戦

目的地まで750km、伊豆から広島まで車でロ〜〜ングドライブ。。


921

JBMXFジャパンシリーズ第5戦 in土師ダムBMXトラック


天気も季節も良く、まさにレース日和でした。

今回のマスターズクラスも参加人数が少なくて、予選3ヒート合計のレース。


色んなラインのコンディションをチェックしながら、

公式練習は、2〜3本走って早々と切り上げてレースに望んだ。

体も軽く315に調子良し!


いつも以上に気合いを入れてたのには理由があって、、実は昨年、

ここ土師ダムのレースでクラッシュして、足首おもっくそグリンチョした。。

しかも予選1本目の第1ストレートで w

未だにテーピングで補助しなアカンぐらいやってもうた。


そんな痛くて悔しい思いをした去年の自分に勝つために戻って来た。

今回は、そんな思いもあるなかレーススタート!


h1.jpg


h2.jpg

気を緩めず、クラッシュすることだけ避けて走った。


h3.jpg

結果、3ヒートとも1位でゴールできて、優勝しました!


h4.jpg

自分にも勝った気がした。


そしてレースが終わったあとは〜♪


h5.jpg

チームメイトユーイチのおかげで、最近またスケートが楽しい!


スケートボードは、中学の頃からハマって昔は夜通しストリートで滑りまくってたし、

カリフォルニア行ってた頃も毎日パーク行ってたな〜。。

一番のれてた頃は、オーリーで縦パイロン跳べたけど、今はこの高さが限界 w

久々に乗ると、ぜ〜んぜんアカン。

オーリーするときに軸が不安定で決まらんし、全身のバネを上手く使えやんかった!


そして、

今回の記事は、大阪の福田パパさんの写真を使わせてもらいました。

315な瞬間をありがと〜ございます!


さて次戦は、11月16日。

早いもんで今シーズン最終戦!しかも自分が管理する伊豆で開催!!

さ〜走るよりもコース整備頑張るで〜〜!!!


神様、ど〜か雨が降りませんよ〜〜に・・。


2014.08.28 Thursday

JBMXF 2014 Jシリーズ第4戦

8月24日、JBMXF 2014 シリーズ第4戦。

開催場所は、埼玉県秩父市、滝沢サイクルパーク


8月に2戦も開催とスケジュールがタイトやったからか?

今回のマスターズクラスの参加人数は6名。

かなり少なかった。。


UCIルールでカテゴリーの参加人数が8名以下の場合は、

予選3本の総合結果で順位を決める方法なので、

ある意味、3本とも決勝みたいなもん。

1回でもクラッシュしたら優勝はないので、全ヒート冷静に走らなあかん。


予選1本目。

アウト側からスタートしてホールショットを奪い全開で走りきり1位でゴール。

予選2本目もトップでゴール。これで優勝に王手をかけれたので少し気が楽になった。


予選3本目。


c1.jpg

スタートばっちり決めた。↑左から3番目、ゼッケン123。


c2.jpg


c3.jpg


c4.jpg


c5.jpg


c6.jpg

ホールショット奪う!


c7.jpg

第2ストレートは、Wジャンプが3つ続くのを全跳びでクリア。

ローリングで加速するほうが速そうやったけど、そのぶん足を使うし体力に自信がなかったから

今回のレースは、極力足を使わないように全ヒート跳んだ。w


c8.jpg

第3ストレート。

長〜〜〜〜いリズムセクションを無難にコナして最終コーナーをトップで通過!


そして最終ストレート。


c9.jpg


c10.jpg

我らがTeam CREDIT Racingのブース前を通過して1位でゴール!


c11.jpg

結果、予選3本ともトップでゴールできて優勝しました。


熱い声援をくれた皆さま、ありがとうございました!

2週間前のモヤモヤをリセットできたし、熱い暑い夏の2戦を怪我なく乗り切った。


c12.jpg

UBUさん

315な瞬間を315のタイミングでおさめてくれる写真をありがとうございます!


そしてこうやって今でも頑張れるのは、いつも応援してくれるスポンサーのおかげです。

Team CREDIT Racingをはじめ、

OAKLEY

TOYO frame

1-jyo Ultimate Factory

GOKISO

MAVIC

RIDDIM TAXI

そして、真夏を乗り切るパワーをくれたエナジードリンクRedBull


いつもありがとうございます。


次戦は、4週間後に広島で5戦目!

早いもんでシーズン後半戦に突入です。

また優勝目指してがんばるぞ!


2014.08.21 Thursday

JBMXF 2014 Jシリーズ第3戦

8月10日、

Jシリーズ第3戦目の開催場所は、新潟県上越市。

2年ぶりの上越開催で楽しみにしてたけど、タイミング悪く西日本に台風接近。。

はりきってレース2日前から上越入りしてたけど

公式練習は雨のため中止になったり、不安定な空模様が続きました。

レース当日、

朝から雨は降ってなくて良かったけど、コースコンディションはマディ。。

朝のフリー走行が始まり、ゴールしてくるライダーのタイヤを見ると、泥ドロ。

だいたい予想はしとったし、ブロックタイヤを選んだのは正解やった。

おやじさん達が決死でコース整備をしてくれて、どんどん良くなってきたけど

水を含んだ土はワダチに変わって、ヌルッと滑って軸がずれるし、

デリケートなオレはまっすぐ走ることが難しかった。w

今回のマスターズクラスは、予選3本の決勝1本。

DNSが4名もいて予選は、ラッキーモト(欠場者がいて全員決勝進出が確定)だったので、

無理をせず、決勝1本の為に体力を使わずに走った。

そして決勝。。

グリッドは、接近戦でもホールショットを奪いやすいイン側の2コースを選んだ。

今回もスタート攻めずに勝ちは無い。

と思ったので、倒れるタイミングが速いクセのある上越のゲートの攻略を考えた。

(↓右から2番目、ゼッケン123)
j1.jpg

自分でもビックリするぐらいドンピシャのタイミングで今日一番のスタートを決めた。

j2.jpg
 

視界に誰もおらん!

戦略通りおもっくそ飛び出した!!


j3.jpg

j4.jpg
 

ホールショットを奪ったけど、早くも第2ストレート入り口で追いつかれて並ばれた!


ウソやろ〜と思いながらも、上手くスピードに乗せれず失速。。

ジャンプできずロールも入らずで、すでに足パンパン!


j5.jpg

2コーナー手前でアウトから抜かれた〜〜!

j6.jpg
 

もう足ぷるぷるでヤバい〜

それでも抜き返す気だけはマンマンやったけど、ぜんぜん追いつかへん!

最終コーナーを2位で通過して最終ストレート

ここからや!もう一発踏ん張ったけど、やっぱり足はのこっておらずガス欠。。


j7.jpg

完全に「待ってくれ〜〜。。」状態で、どんどん離されて2位でゴール。

j8.jpg
 

スタートを決めて体の調子も良かったけど、完全に体力不足。

練習不足でした。。

今回はレースにも自分にも負けた感じです。

でも変わらず応援してくれた皆さま、整備してくれたオヤジさん、スタッフの皆さま、

2年ぶりの上越は、やっぱり楽しかった!

ありがとうございました。

そして、

まいどまいどお世話になってるUBUさん

今回も315な写真をありがとうございます!

次戦は、今月末24(日)に埼玉県秩父市で、第4戦目!

怪我せんように頑張ります。

2014.07.13 Sunday

第31回 全日本BMX選手権大会

76

茨城県ひたちなか市にある、国営ひたち海浜公園で開催された、

第31回 全日本BMX選手権大会に出場しました。

「スースー、ハッピーバースデイ♪」大会当日は、ちょーど35歳の誕生日。

色んな人に祝ってもらえてハッピーな朝やった。

今シーズンからマスターズクラスで参戦しはじめ、3戦目の舞台は、全日本!

体の調子を整え、当日に100%出しきれるように万全の態勢で臨んだ。

a13.jpg
 

天候も良く、コースコンディションも良く、まさにレース日和!

今回のレースは、予選3本の決勝1本。

予選は、

色んなラインをチェックしながら、決勝1本の為に極力体力を使わないように走った。

予選1位で通過。

体の調子もテンションも最高潮に上がった状態で、決勝1本勝負。

ホールショットをとって逃げ切る展開や、2位、3位で1コーナーを立ち上がった時の展開。。

色んな展開をイメージしながら、決勝のグリッド決めは、前に出やすいイン側の2コースを選んだ。

スタートで出遅れたら勝ち目はない!決勝やし攻め攻めで行こ!!

コールが鳴り、、スタート!

おもっくそ攻めた結果「ウソやん!!!」

どんぴしゃのタイミングやったはずが、痛恨のヒット ザ ゲート。。

しかもゲートに当ててしまった衝撃で、踏み足のペダルが外れて漕ぐことが出来ず大失速!!

まったくもってイメージしてなかった、

ドンケツ8位からの追い上げ展開で、決勝レースがスタートした。

レース展開は、UBUさんの写真を使わせてもらって解説します。w
 

a1.jpg
 

横一線のスタートでファーストジャンプに!のはずが、

オレまだ後ろでモタついてて写ってない!!!w

全開で漕いで必死に追いつく!

a2.jpg
 

1コーナー手前で追いついたで〜!!

(↑写真のいちばん右、白いフレームの最後尾7番手が僕です)

ホールショット争いを見ながら、1コーナーを6位で通過。

1つジャンプを越えて2コーナー入り口!


a3.jpg
 

上手くイン側に入れて、4位まで浮上してTOP3が前に見えた!

そして第2ストレートに進入!


a4.jpg
 

このセクションは自信があったので、前の動きを見ながらラインを変えて加速!

焦って一瞬危なかったけど、上手くコナして第3コーナーで2位まで上がった。


a5.jpg
 

コーナー出口でロックオン!!!

追いついたついでに、スピードに乗っていたので、このまま次のリズムセクションで抜ける!!

と思って、ジャンプした瞬間「やってもーた!!」


a6.jpg
 

ここまで追い上げたのに、またもや痛恨のミス!

飛びすぎフラット着地をメイクしてしまい失速。。良いペースで来てたのにツメが甘い!!


a7.jpg
 

TOPと並ぶも失敗したことでリズムが狂い、足もパンパンでスピードに乗らず失速。。

最終コーナー入り口、TOPを奪えず2位で通過。


a8.jpg

コーナーをクイックに曲がり、最終ストレート!

a9.jpg
 

スタートから全開でTOPを走り続けてきたアキラに、もう足は残ってないやろ〜!

オレは、後ろから付いて来たしまだ踏めんで〜〜!!


a10.jpg
 

おりゃ〜〜!オレは勝ちに来たんや〜〜!!の一心でラストスパート。。

ゴールライン寸前、よっしゃ!!!


a11.jpg
 

チャリを突き出してゴール!

AkabaneVisionFilmWebのUBUさん、dsk24大ちゃん

315のレース展開を、綺麗に撮ってくれてありがとうございます!


a12.jpg
 

結果、全日本BMX選手権大会  マスターズクラス  優勝。

ヤバかった〜!色んなこと考えながら走ったレースやった。

今回の反省点は、いつも練習しているゲートよりも倒れるスピードが遅い事を、分かっていながら、

決勝のスタート前に、やる気と気合いばっかりで、すっかり忘れてました!w

自分では、まさかのレース展開やったけど、

エリートクラス決勝の前座として、大役を果たしたようで気分が良かったです w


a14.jpg
 

応援してくれた皆さま、盛り上がってくれた皆さま、ありがとうございました。

現場で当日の天候にベストチョイスのゴーグルを用意してくれたOakleyにも感謝!

ブルーのミラーレンズで、眩しさもなく暗すぎず眼と視界にストレスを感じなかったです。

砂埃や小石で眼を痛めるリスクが高いBMXレースには、かかせないアイテムです。

その中でも、、

どうせ身につけるなら強度、クオリティーともにNo.1ブランドのOakley

今、当たり前に見えている大切な眼を、本物のアイウェアーで守りましょう!

そして、

今回の大会プログラムの一面に、CREDITの広告としてドカンと載せていただきました!


a15.jpg
 

これは2002年の夏、カリフォルニアでABA World cupのレース中に撮ってもらった写真です。

「Style never gets old」「本物はいつの時代も色褪せない」

CREDIT Racingをはじめ、スポンサー、サポーター、

大会関係者の皆さまのお陰で、良い結果を残すことが出来ました。

ありがとうございました!

次戦は、久しぶりに新潟県、上越市で開催されるので、今から楽しみです。

頑張ります!!

続きを読む >>
2014.06.02 Monday

JBMXF 2014 Jシリーズ第2戦

55

開幕戦が終わりホッとする暇もなく、次の日にJシリーズ第2戦目が開催されました。

場所は、同じく大阪岸和田。

天候は、朝から雨。。

開幕戦は、晴れのドライコンディションやったけど

2戦目は雨でドロドロ。。と、真逆のコンディションでスタート。

連日のレースで体もキツかったので、公式練習は軽くコースチェックする程度で終了。

そして、今日のモトシート(レースの出走順と出走メンバー)を見ると、

マスターズクラスは、当日のDNSが数名いて7名だけ?!

BMXのUCIルールでは、各クラスのエントリーが8名以下の場合は、

予選3本の合計ポイントで勝敗を決めるルールなので、ある意味、3本とも決勝のようなもの。

『今日は、ぜったいにオレが勝つ!』

レースに対して、こんなモチベーションをたもてたのは、何年ぶりやろ?

久しぶりの感覚で自分でも不思議やったけど、朝から強くそう心に決めてレースに備えた。

雨レースで難しいのは、やはりスタート。

雨でゲートが濡れて滑りやすかったけど、攻めへんことに優勝はない。

そこでスタート時は、いつも以上にリアタイヤに加重と意識をおいて

タイヤが滑らんようにトルクをかけた。

予選1本目。

スタートも決まってホールショットを奪い、そのまま逃げ切って1位でゴール。

j2-1.jpg
 

3本合計のレースなので、次の2本目も1位を獲って、いち早く優勝に王手をかけたかった。


予選2本目。

冷静にスタートを決めて、ホールショットを奪い逃げ切ろうと必死になりすぎて空回り!w

最終コーナー手前で追いつかれて、そのままインから差されそうになったけど、オレも意地!

インを閉めて押さえた!

そしてオーバースピードでコーナーに突っ込んでブレーキかけたら!!!

雨でリムが濡れててブレーキ効かん!!ウソやん!ブレーキシューが滑ってとまらへんやん!!!

ヤバ!!っと思ったけど、なんとか曲がりきった。

よし!あと数メートルでゴールや!!

コーナー立ち上がりに漕いだらペダルから足が外れて滑ったけど、なんとか1位でゴール。

ふ〜〜。。数秒のレース終盤にいろんな事がありすぎてテンパった。w

優勝に王手をかけた最後の予選3本目。

このヒートは、2位でゴールしても優勝が決まる有利な展開になったので、

スリップして転倒しないことだけ注意して、少しリラックスしたままスタート。

スタートも上手く決まって、ホールショットを奪った!

第2ストレートでバランス崩してふらついたけど、そのまま逃げ切り1位でゴール。

結果、全ヒートともトップでゴールして、マスターズクラス初優勝しました!

j2-2.jpg
 

純粋に、、優勝できて嬉しかった〜〜! w

そして

安定した走りで、この日もエリートクラスで優勝したジュキア


j2-3.jpg
 

開幕戦から2連覇!

やるな〜〜。

まるで昔のオレを見てるみたいや!w 言うて〜〜。w

この調子で今シーズンの日本チャンピオンを獲って、2016年リオ五輪に繋げてほしいな。

ジュキア、これからも応援してるで〜!!

j2-4.jpg
 

Team CREDIT Racing

応援してくれた皆さま、ありがとうございました!

次戦は、ちょーどオレの誕生日、7月6日に茨城県で全日本選手権大会です。

この勢いをさらにシフトアップしてやっちゃろかい〜!

そして、この記事でつかわせてもらった写真は、AkabaneVisionFilmWeb  UBUさん。

いつもほんまありがとうございます!

AkabaneVisionFilmWebには、

全クラスのレース展開が分かる写真はもちろん、UBUさん目線の「コース外の風景」など

面白い記事や、的をついたコメントなどもあって楽しいですよ!

唯一、日本のBMXレースシーンを発信してくれる貴重な存在ですね。

UBUさん、全日本もぜったい来てや〜〜〜!!

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SSM
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.